C邸 新月前に伐採した国産杉のリノベーション

C邸
あんな風にしたい。 こんな風にしたい ?。
住まい手は 主役です。
私どもは じっくり 施主様のお話を伺って プランニングにはいります。

施主様は 自然素材が大好きで 和のテイストがお好きな 方です
御主人は 奥様の趣向で全部進めて良いということで 
いろいろなプランを考えました。

やりたいことと出来ること 建物の構造や水廻り設備の配置など
思い通りにならない部分も出てきます。

細かい収納プランもお考えでしたが、
細かい設定は 技術も必要で予算がかさみます。

予算もありますので、
お話合いをしながら コンパクトにまとめることが出来ました。
無駄をそぎ落とすことで
どんどんシンプルになりました。

こだわりたいところは こだわり メリハリをつけました。

ミニマムな住まいは 逆に色々なものを生かしてくれました。


新月近くに伐採した杉材のフローリングは さらに天然乾燥のため
色艶 香がとても良いのです。

静岡 長野 山梨など各地から集めた国産自然素材を 使いました。

壁は 土佐漆喰

水廻りは 月桃
などなど

夏は吸湿性が高く サラサラ 冬は暖かくまろやかな空気感に

エアコンの頻度も減り 冬は 結露もなくなりました。

どうしても部屋の片隅は カビなどが繁殖しやすくなる マンションだったのですが
現在 快適な環境になっています。

施主様との打合せの中 組子細工のコースターの話題から
日本の建具の電灯の「組子」を ガラス扉に入れ込んだりしました。


キッチンのカウンターはヒノキ 
カウンター下の材は 山桜や エンジュ カエデ 
随所にさりげなくさまざまな木材を使いました。


食器棚は 施主様の使い勝手を考え さらに意匠的にも 同素材でというご希望で
施主様の設計で 職人さんに作成してもらいました。


実は 押入れの中に仏壇を仕込んだり きちんと伝統文化を継承なさって生活されていますが
とても居心地の良い空間になっています。

改装前






2017年4月20日